デジタル庁ホーム

地方公共団体の基幹業務システムの統一・標準化

地方公共団体が、基幹業務システムについて、ガバメントクラウド上に構築された標準化基準を満たすアプリケーションの中から自らに適したものを効率的かつ効果的に選択することが可能となる環境を整備します。

概要

1.制度所管府省の支援

制度所管府省に対し、標準化の作業方針等(検討すべき点、業務フローについて、標準の定め方について)を示しています。

2. 共通事項の整備

①ガバメントクラウドの活用について

地方公共団体がガバメントクラウドを活用できるよう検討を進めています。

②標準非機能要件

総務省と協力して、基幹業務システムに共通する事項である非機能要件の標準(標準非機能要件)を作成しています。

③データ要件・連携要件の標準

関係団体と協力して、基幹業務システムのデータ要件・連携要件の標準について検討しています。

関連資料

(1)制度所管府省の支援

(2)共通事項の整備

最近の取組

ガバメントクラウド先行事業の取組み

デジタル庁が整備するガバメントクラウドを活用し、標準準拠システムを市区町村のみなさんが安心して利用できるよう、ガバメントクラウドへの移行に係る課題の検証を行うため、先行事業の公募を行いました(令和3年10月26日に採択結果を公表しました)。

ガバメントクラウド先行事業(市町村の基幹業務システム等)の採択結果を公表しました

会議等

地方公共団体の基幹業務システムの統一・標準化に関する関係府省会議

関連情報

住民記録、地方税、介護や福祉といった地方公共団体の主要な17業務について、制度所管省庁が、地方公共団体や関係する団体、事業者とともに検討して、標準仕様を作成するため、開催されています。

検討状況

標準仕様書