本文へ移動
デジタル庁 ホーム

ウェブアクセシビリティ導入ガイドブック

ウェブアクセシビリティ導入ガイドブックの図版をスクリーンキャプチャしたものの一部

デジタル庁では「誰一人取り残されない、人に優しいデジタル化」を実現するため、継続的に「ウェブアクセシビリティ」の向上に取り組んでいます。この度、ウェブアクセシビリティに初めて取り組む行政官の方や事業者向けに、ウェブアクセシビリティの考え方、取り組み方のポイントを解説する、ゼロから学ぶ初心者向けのガイドブックを公開します。

優しいサービスのつくり手になる一助として、ぜひご活用ください。

公開の背景

ウェブアクセシビリティの向上に取り組むには、非常に専門的な複数の規格とガイドラインをそれぞれ確認する必要があります。そのため、適切なやり方がわからないままに、現在は間違っている対応の踏襲、不要・過剰な対応、不適切な対応をしてしまうことがあります。ウェブサイトだけではなく、申請・手続等のデジタルサービスの重要性が増す中で、最新の技術動向を踏まえた、初心者が学習できる行政機関向けの研修資料が不足しています。

本ガイドブックの特徴

ゼロから学べる

広報・サービス開発等を担務し、ウェブアクセシビリティの改善に取り組まなければならない職員が、何も知識がないところからウェブアクセシビリティに取り組み、調達・受託事業者との適切なコミュニケーションができるようになることを目指しています。

最新のやり方がわかる・事例が豊富

現在規格として参照されることが多いJIS X 8341-3:2016の制定以降、新たに出てきた課題(スマートフォン対応等)にどのように取り組めばいいのか、最新の考え方を学ぶことができます。本資料で取り上げた事例は、デジタル庁内業務で蓄積された実際の事例に基づいています。

豊富な図解・優しい言葉で具体的にわかる

技術者ではないデザイナーや行政人材でも、何に具体的に対応すべきかを理解できるよう、専門用語を極力排して、豊富な図解を盛り込みました。

ウェブアクセシビリティ導入ガイドブックの図版の一例。スクリーンリーダーで順に読み上げたときに意味が通じる順序にするためのヒントや間違いの例が記載されている。

このガイドブックの対象読者

ウェブアクセシビリティについて、全く知らない、きちんと触れたことがない方々です。情報システムやデジタルサービスの発注・受託業務に取り組むにあたって知っておくべきポイントを、ご確認いただけます。

ガイドブックの構成

本ガイドブックは、本文と付録で構成されています。また、後日HTML版や解説動画も公開予定です。

後日公開予定の資料

  • HTML版ウェブアクセシビリティ導入ガイドブック
  • 解説動画資料
  • 調達仕様書雛形集

位置付けとロードマップ

2023年度中を目処に、デジタル社会推進標準ガイドラインへの編入を目指しています。

資料のダウンロード

ウェブアクセシビリティ導入ガイドブック(PDF / 13,480KB)

更新内容

2023年5月12日版

  • 軽微な誤記を修正しました。

2023年3月17日版

  • 軽微な誤記を修正しました。

2023年2月24日版

  • 「3 ウェブアクセシビリティで達成すべきこと」説明に一貫性をもたせるように表現と内容を修正しました。
  • 「5.1 よくある質問」シングルページアプリケーションの説明と開発方法を修正しました。
  • 分かりやすくなるよう日本語の表記を全般的に改訂しました。

2023年1月20日版

  • 「2 ウェブアクセシビリティの基礎」:公共性の高いサイトを運営している読者の理解が深まるよう、推奨事項の一部を改訂しました。
  • 「3.3 状況に応じて確認すべきこと」「3.4 導入に慎重な検討が必要」:より分かりやすくなるよう、表現を修正しました。
  • 「4 ウェブアクセシビリティの実践プロセス」:公共性の高いサイトを運営している読者の理解が深まるよう、推奨事項の一部を修正しました。
  • 「5.1 よくある質問」:ガイドブック内で整合性が取れていない箇所を修正し、現実的な対応方法へと調整を行いました。

2022年12月12日版

  • 「2.2 ウェブアクセシビリティのガイドラインと規格」:規格の文章構成や説明について、正確性や厳密性を欠いた表現を修正しました。
  • 「3 ウェブアクセシビリティで達成すべきこと」:JIS X 8341-3の達成基準に照らし、正確性や厳密性を欠いた表現を修正しました。

お問合せ・要望

ご意見・ご要望よりお送りください。