本文へ移動

デジタル田園都市国家構想

デジタル庁では、内閣官房デジタル田園都市国家構想実現会議事務局、内閣府地方創生推進室との連携の下、デジタル田園都市国家構想を進めています。デジタル田園都市国家構想とは、「心ゆたかな暮らし」(Well-Being)と「持続可能な環境・社会・経済」(Sustainability)を実現していく構想です。

  • デジタル田園都市国家構想の取組イメージ全体像
    デジタル田園都市国家構想の取組イメージ全体像詳細は、上部構想の説明のとおり

概要

デジタル田園都市国家構想が目指すのは、地域の豊かさをそのままに、都市と同じ又は違った利便性と魅力を備えた、魅力溢れる新たな地域づくりです。具体的には、「暮らし」や「産業」などの領域で、デジタルの力で新たなサービスや共助のビジネスモデルを生み出しながら、デジタルの恩恵を地域の皆様に届けていくことを目指します。

  • 内外の人材が集まれるインクルーシブスクエア
    内外の人材が集まれるインクルーシブスクエアの図。四角の枠の中に、人や建物が描かれ、高速なネットワークを活用した、食、住、学、そして遊が互いに近接し、デジタル・インフラが整った空間、 インクルーシブスクエアに社会活動の機能を集結させた社会を表している
  • スタートアップエコシステムの確立
    スタートアップ企業・事業が輝くための要素を示した模式図。起業家人材の充実、大学の拠点としての強化、公共調達の活用拡充、ベンチャー投資の拡充、社会的投資の拡充・強化、共助の形成(Community強化)が挙げられている。

お知らせ

地域幸福度(Well-Being)指標活用1Dayセミナーを開催します

デジタル田園都市国家構想の実現に向け、地域幸福度(Well-Being)指標の活用を実施・検討する自治体の職員等を対象として地域幸福度(Well-Being)指標活用1Dayセミナーを開催します。
地域幸福度(Well-Being)指標に対し、「どんな指標なのか」、「どうやって活用したらいいのか」と感じている皆さまを対象に、まちづくりに活かすWell-Being指標の基本から活用まで1日で学ぶことができます。また、講師に直接質問できる貴重な機会です。全国の自治体職員の皆さま、奮ってご参加ください。
詳細は【募集】「地域幸福度(Well-Being)指標活用1Dayセミナー」のご案内 をご確認ください。

デジタル実装の優良事例を支えるサービス/システムのカタログ(第1版)について

デジタル実装の優良事例を支えるサービス/システムの横展開を加速化するため、どの自治体でも活用出来るよう、デジタル実装の優良事例を支えるサービス/システムのカタログ(第1版)を取りまとめました。カタログ(第1版)では、行政、健康・医療、公共交通、防災など11分野68サービスとデータ連携基盤8製品について取りまとめています。

最近の取組

地域幸福度(Well-Being)の取り組み

各地域の街づくりにおいては、様々な事業が行われています。この地域幸福度(Well-Being)指標を“共通指標”として広く活用していただくことで、それぞれの事業が目指す街づくりの目的や取組について、市民や事業者など様々な関係者が、その共通目標に向けて協力することが可能になります。

  1. デジタル田園都市におけるWell-Being指標の活用についての自治体職員等向けオンライン説明会を開催しました

  2. 自治体職員向け説明動画「デジタル田園都市におけるWell-Being指標の活用について」

  3. デジタル田園都市におけるWell-Being指標活用のためのサイト

  4. デジタル田園都市国家構想実現に向けた地域幸福度(Well-Being)指標の活用促進に関する検討会

  5. 地域幸福度(Well-Being)指標アンケート設問票の公開

  6. 自治体職員向け説明動画「令和5年度 地域幸福度(Well-Being)指標活用説明会」

データ仲介機能の提供について

デジタル田園都市国家構想に取り組む自治体をはじめとして、全国さまざまなエリアでデータを活用した街づくりの取り組みが進められています。こうした取組を後押しするため、防災や交通等の様々なサービス間でのデータ連携を担う、データ連携基盤の中核となるデータ仲介機能の提供を開始しました。

(令和4年度第2次補正予算)デジタル田園都市国家構想交付金(デジタル実装タイプTYPE2/3/マイナンバーカード横展開事例創出型)活用事例について

採択団体の取り組み

デジタル実装タイプ 参考事例集

関連資料

デジタル田園都市国家構想交付金(デジタル実装タイプ)

会議等

デジタル田園都市国家構想実現会議(内閣官房ホームページ)