デジタル庁ホーム

(受付終了)「デジタルの日」オープニングムービーの募集受付を開始しました

2022年デジタルの日 ロゴ画像。ロゴの中心部に、「2022年10月2日(日)から3日(月)デジタルの日 JAPAN DIGITAL DAYS 2022 ふれよう!#デジタルのチカラ」と書かれている。

2021年より、社会全体でデジタルについて定期的に振り返り、体験し、見直す機会として、「デジタルの日」が創設されました。官民で連携し、デジタル関連の技術・サービスを利用した様々な取組を実施し、社会のデジタル化に向けた機運の向上に取り組みます。
2022年は、テーマを「ふれよう!#デジタルのチカラ」とし、10月2日(日)、3日(月)を「デジタルの日」、10月を「デジタル月間」として設け、国民の皆様にデジタルにふれる“きっかけ”をつくる取組を推進して参ります。

みんなでつくろう!オープニングムービー「ふれよう! #デジタルのチカラ」にちなんだ写真/動画を大募集

「デジタルの日」オンラインイベントの幕開けを飾るのは、2022年のテーマである「ふれよう!#デジタルのチカラ」 に合わせて、人がさまざまなデジタルにふれ、可能性が広がる瞬間を切り取るオープニングムービーです。

その瞬間は、歴史的なニュースや最新テクノロジーだけでなく、リモートワークやゲームなど、日常のちょっとした出来事にもあふれています。そこで、皆さまからも「初めてデジタルにふれた瞬間」「デジタルに感動した瞬間」「日常の中でデジタルを感じた瞬間」にまつわる写真や動画を募集いたします。

2022年7月29日(金)17時00分を持ちまして、応募を締め切らせていただきました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

写真/動画の例

「初めてテクノロジーにふれた瞬間」というキャプションが付けられたイラスト。リビングで右側にハイハイしている赤ちゃんがいて、左側にロボットの犬が座っている。赤ちゃんとロボットの犬はハイタッチしている。

「最新のデジタルにまつわるエンターテイメントやアートにふれた瞬間」というキャプションが付けられたイラスト。VRゴーグルを装着した男性がソファーに座っている。男性は右手を顔の近くにかざして何かを触ろうとしている。

「デジタルの活用に新しく挑戦した瞬間」というキャプションが付けられたイラスト。老夫婦がテーブルに置かれたノートパソコンの前に並んで座って画面を眺めている。老婆は画面に向かって手を振っている。

「仕事や学校、私生活でデバイスやアプリを通じて楽しんでいる瞬間」というキャプションが付けられたイラスト。パソコンの画面が8分割され、それぞれに若者が写っている。若者たちは缶ビールやワイングラスを持ち、画面越しに乾杯をしている。

「昔感動した、懐かしいテクノロジー」というキャプションが付けられたイラスト。携帯電話が2台机の上に置かれている。左側の携帯電話は折りたたみ式の白色携帯電話、右側は画面スライド式のピンク色の携帯電話である。どちらの携帯電話も表面にカラフルなハート型や星型のアクセサリーでデコレーションされていて、大きなストラップがついている。

募集にあたってのご注意

応募する際には、下記の点、特にご了承下さい。
① 応募いただいた写真や動画は「デジタルの日」イベント時のオープニングムービー又は、「デジタルの日」に関する広報施策等に利用いたします。※必ずしもすべての応募写真や動画が使用されるものではありません。
②ご自身だけでなく、写真や動画に映っている方全員のご了承を頂く必要があります。
③ご自身以外が撮影した写真や動画を無断で投稿することはおやめ下さい。

皆様に応募いただいた写真や動画が、10月2日(日)の「デジタルの日」オンラインイベントオープニングムービーに登場するかもしれません!
是非イベントをお楽しみに!

デジタルの日について

「デジタルの日」について詳しくは下記サイトをご覧ください。

デジタルの日
「デジタルの日」賛同企業・団体の申請受付を開始しました
デジタルの日 「good digital award」募集受付を開始しました

シェアする: