デジタル庁

デジタルの日

2021年より、定期的にデジタルについて振り返り、体験し、見直し、共有し合う機会として、「デジタルの日」が創設されました。官民で連携し、デジタル関連の技術・サービスを利用した様々な取組を実施し、社会のデジタル化に向けた機運の向上に取り組みます。

2022年デジタルの日に関する取組に関する情報の発表、また2022年の賛同企業・取組の募集開始については、近日実施予定です。

概要

「デジタル改革関連法案ワーキンググループ」での議論を踏まえ、「誰一人取り残さない、人に優しいデジタル化」を実現するため、社会全体でデジタルについて振り返り、体験し、見直し、共有し合える定期的な機会として、2021年より「デジタルの日」が創設されました。毎年のテーマを「#デジタルを贈ろう」に設定し、官民で連携し、デジタル関連の技術・サービスを利用した祝祭を実施します。

創設初年度となる2021年は、10月10日(日)、11日(月)に「2021年デジタルの日」を実施し、官民が一体となって、デジタル庁創設を記念した「デジタル元年」の取組に加え、「デジタルデビュー」のための機会形成や、中小企業を始めとした民間企業や地域のデジタル活用支援による産業の活性化を図るための取組等を実施しました。

2022年以降は「毎年10月の第一日曜日・月曜日をデジタルの日」とし、また「毎年10月をデジタル月間」とします。2022年デジタルの日は10月2日(日)、3(月)となります。

最近の取組

日本のデジタル度2021

日本のデジタル化がどれくらい進んでいるのか調査した結果をもとに、2021年10月10日(日)のイベント内で日本の「デジタル度」を発表いたしました。
イベント内で発表した内容については、以下をご覧ください。

デジタル社会推進賞 2021

優れたデジタル化の取組をされている個人やチームを「デジタル社会推進賞」として取り上げ、表彰いたしました。

会議等

「デジタルの日」の在り方や、創設初年度となる2021年10月10日(日)、11日(月)の「2021年デジタルの日」の実施に向け、官民が連携して実施するための方向性を多角的に整理・検討するため、学識経験者等の有識者で構成する『「デジタルの日」検討委員会』を設置しています。

「デジタルの日」検討委員会