デジタル庁

「デジタル社会の実現に向けた重点計画」の改定に向けてご意見を募集します

デジタル庁では、デジタル庁アイデアボックスにて、「デジタル社会の実現に向けた重点計画」の改定に向けてのご意見を募集いたします。
「デジタル社会の実現に向けた重点計画」とは、これから日本が目指すデジタル社会の姿を描き、実現のために必要な主な方策を取りまとめたもので、これからのデジタル関連施策を推進する上での「羅針盤」となるものです。重点計画に記載された各施策については、進捗状況や成果を定期的に確認するとともに、社会情勢の変化などに応じて、施策の追加や見直しを行っていきます。

意見概要

重点計画に関して、下記の3つのテーマについてご意見を募集しています。

  • 期間:令和4(2022)年4月15日(金)から5月5日(木)まで
  • 受付方法:デジタル庁アイデアボックスの募集ページにてご投稿ください
  • 参考資料:第4回デジタル社会構想会議

意見募集しているテーマ

【1】誰一人取り残されないデジタル社会の実現について
「誰一人取り残されないデジタル社会」の実現に向けて、どのようなことを期待しますか?
募集ページ

【2】スタートアップ企業の創出・成長について
日本でスタートアップ企業が創出され、成長していくためには、どのようなことが必要だと思いますか?
募集ページ

【3】その他、豊かなデジタル社会の実現に向けて
豊かなデジタル社会の実現に向けて、ご意見、ご要望があれば教えていただけますでしょうか?
募集ページ

ご意見の取扱い

お寄せいただいたご意見は、「デジタル社会の実現に向けた重点計画」の改定において参考とさせていただきます。

注意事項

  • 本意見募集は、予告なく変更、中止となる場合があります。
  • 本意見募集へお寄せいただきましたご意見やコメントへの個別のご回答や対応は予定しておりません。
シェアする: