本文へ移動
デジタル庁ホーム

JP PINT

わが国におけるデジタルインボイスの標準仕様(JP PINT)を公開しています。

概要

事業者のバックオフィス業務においては、「紙」と「デジタル」が交錯し、エンド・トゥ・エンドでデジタルに対応できていないことが、リモートワークなど自由な働き方や効率化・生産性向上を阻害しているという実態があります。

そこで、デジタル庁は、官民連携のもと、グローバルな標準仕様である「Peppol(ペポル)」をベースとしたわが国における「電子インボイス」(デジタルインボイス)の標準仕様の普及・定着の取組を行い、事業者のバックオフィス業務のデジタル完結の実現を目指しています。

(参考1)「Peppol(Pan European Public Procurement Online)」とは、電子文書をネットワーク上でやり取りするための「文書仕様」「ネットワーク」「運用ルール」に関するグローバルな標準仕様です。国際的な非営利組織である「OpenPeppol」という団体により管理されています。

(参考2)デジタル庁は、2021年9月、「OpenPeppol」の正式メンバーとなり、わが国の管理局(Peppol Authority)としての活動を開始しています。

(参考3)Peppolの基本的な仕組み等についての資料(2022年4月21日、22日及び25日のTraining Sessionにて用いられたもの)(PDF/206KB)

詳細情報

(更新日:2022年8月5日/掲載日:2021年12月1日)

Peppol Service Providerの認定等手続について

(更新日:2022年7月15日/掲載日:2022年6月21日)

日本における認定Peppol Service Provider等について

(更新日:2022年9月13日/掲載日:2022年8月12日)

FAQ

JP PINTに関するよくある質問については、以下のとおり回答をまとめています(随時更新等していきます)。

(更新日:2022年8月12日/掲載日:2022年1月14日)

最近の取組

タイ中銀(Bank of Thailand)等と意見交換

2022年9月22日、タイ中央銀行(Bank of Thailand)及びタイ銀行協会(Thai Bankers’ Association)の一行の訪問を受け、日本・タイ両国のデジタルインボイスの取組の現状及びそのデータの銀行決済ネットワークへの連携のあり方などについて意見交換を行いました。

日本における認定Peppol Service Providerの更新

2022年9月13日、デジタル庁は、認定・了承手続を完了した日本におけるPeppol Service Providerを更新しました。

Interoperability testをご希望の認定Peppol Service Provider等の方は、Japan Peppol Authorityまでご連絡ください。

Exchange Summit in Miamiでのプレゼン

2022年5月11日、Exchange Summit in Miamiに加藤企画調整官が参加し、日本におけるデジタルインボイスの取組等についてプレゼンテーションを行いました。