本文へ移動
デジタル庁ホーム

JP PINT

わが国におけるデジタルインボイスの標準仕様(JP PINT)を公開しています。

概要

デジタル庁は、官民連携のもと、グローバルな標準仕様である「Peppol(ペポル)」をベースとしたわが国におけるデジタルインボイスの標準仕様(JP PINT)の普及・定着の取組を行い、事業者のバックオフィス業務のデジタル完結による効率化の実現を目指しています。

(参考1)「Peppol(Pan European Public Procurement Online)」とは、電子文書をネットワーク上でやり取りするための「文書仕様」「ネットワーク」「運用ルール」に関するグローバルな標準仕様です。国際的な非営利組織である「OpenPeppol」という団体により管理されています。

(参考2)デジタル庁は、2021年9月、「OpenPeppol」の正式メンバーとなり、わが国の管理局(Peppol Authority)としての活動を開始しています。

(参考3)Peppolの基本的な仕組み等についての資料(2022年4月21日、22日及び25日のTraining Sessionにて用いられたもの)(PDF/206KB)

(参考4)OpenPeppolのメンバーシップについて

わが国の「デジタルインボイス」の標準仕様について

(更新日:2022年12月2日/掲載日:2021年12月1日)

Peppol Service Providerの認定等手続について

(更新日:2022年7月15日/掲載日:2022年6月21日)

日本における認定Peppol Service Providerについて

日本における認定Peppol Service Provider一覧(List of Peppol Certified Service Providers in Japan)

日本語(PDF/343KB) ・English(PDF/118KB)
(更新日:2023年1月20日/掲載日:2022年8月12日)

FAQ

JP PINTに関するよくある質問については、以下のとおり回答をまとめています(随時更新等していきます)。

(更新日:2022年12月2日/掲載日:2022年1月14日)

最近の取組

日本における認定Peppol Service Providerの更新

2023年1月20日、デジタル庁は、認定・了承手続を完了した日本におけるPeppol Service Providerを更新しました。

※Interoperability testをご希望の認定Peppol Service Provider等の方は、Japan Peppol Authorityまでご連絡ください。

E-Invoicing Exchange Summit in Singaporeへの出席

2022年12月7日および8日、シンガポールで開催されたE-Invoicing Exchange Summitにおいて、日本でのデジタルインボイスの取組の進展についてプレゼンを行いました(プレゼンター:加藤企画調整官)。

From 7th to 8th December, Mr. Hiroyuki Kato, leader of Japan Peppol Authority, joined the “E-Invoicing Exchange Summit” held in Singapore and made presentations on the progress of digital invoice initiatives in Japan.

JP BIS Self Billing Invoice Version 0.9の公表

2022年12月2日、デジタル庁は、JP BIS Self Billing Invoice Version 0.9を公表しました。

On December 2nd, 2022, Digital Agency, Government of Japan, published “JP BIS Self Billing Invoice Version 0.9”.

Peppol BIS Standard Invoice JP PINT Version 1.0の公表

2022年10月28日、デジタル庁は、Peppol BIS Standard Invoice JP PINT Version 1.0を公表しました。

On October 28th, 2022, Digital Agency, Government of Japan, published “Peppol BIS Standard Invoice JP PINT Version 1.0”.