デジタル庁

よくある質問(FAQ):デジタル推進委員について

Q1 団体に所属していない個人は申請できますか。

A1

現時点では応募いただけません。システムの準備が整い次第、応募を受け付ける見込みです。

Q2 「講習会・セミナー等への参加の呼び掛けを行う意欲がある者」に応募したいが、どのように応募すればよいですか。

A2

当面、地域で身近な活動をしている団体を通じて募集を行っていく予定です。

Q3 「デジタル機器・サービスの基本的な利用方法を教える・サポートする者等」になると、何か具体的な義務を負うことになりますか。

A3

特に具体的な義務等はありません。募集要項に基づき、デジタル推進委員の趣旨を踏まえて、「誰一人取り残されない、人に優しいデジタル社会」の実現のため、デジタルに不慣れな方に対する理解を持ち、きめ細やかな対応を自らのできる範囲で心掛けていただきたいと考えています。

Q4 「デジタル機器・サービスの基本的な利用方法を教える・サポートする者等」が呼びかけを行ってもよいですか。

A4

募集要項を踏まえ、呼び掛けについてもご協力をいただくことは問題ありません。

Q5 今は「講習会・セミナー等への参加の呼び掛けを行う意欲がある者」だが、デジタル推進委員として「教える・サポートする」ような取組を行うためにはどうすればよいですか。

A5

「デジタル機器・サービスの基本的な利用方法を教える・サポートする者等」としては、募集要項に記載の要件を満たす必要があり、別途、応募が必要です。

Q6 「デジタル機器・サービスの基本的な利用方法を教える・サポートする者等」の個人の意思で、講習会等を開催してもよいですか。

A6

問題ありません。その際、募集要項の「遵守すべき事項」等もご参照下さい。

Q7 個人が講習会等を開催するために、会場確保や開催経費等の支援を受けることができますか。

A7

デジタル庁が会場を確保することや、会場費や講習会開催にかかる経費等を支払う予定はございませんが、国や地方公共団体等の事業に参画することで報酬や経費等を受けられる場合があります。

Q8 オープンバッジとは何ですか。

A8

オープンバッジは、国際的な技術標準規格に沿って発行されているデジタル証明のサービスです。オープンバッジの公開や、SNS等での活用のほか、ブロックチェーン型のオープンバッジは検証を容易に行うことで偽造等も困難とされています。教育分野等、様々な分野での利用が進んでいます。

Q9 オープンバッジはどのようなことに使えますか。

A9

電子メールの署名や、SNS(Twitter、Facebook、Linkedin等)での共有が考えられます。また、名刺等に活用いただくことも想定しています。

Q10 オープンバッジは他人に配付してもよいですか。

A10

オープンバッジはデジタル推進委員に任命された個人単位で発行します。発行されたバッジは、受け取った本人に利用いただくためのものであり、他の方が利用することは認められません。