デジタル庁

「デジタルを活用する未来に向けて」を制作しました

デジタル庁では、デジタル改革に関する普及広報の一環として、「デジタルを活用する未来に向けて」を制作しました。

本文書は、一人ひとりがよりよく暮らしていくために、どのようにデジタルを活用していくことができるのかについて考え、話し合い、実践していくための考え方を28のことばでまとめたものです。

デジタルを取り入れた社会は、多様な世代・立場の人たちがともに参画してこそより可能性のある未来となるという考えのもと、さまざまな人がつながり、前向きな話し合いが生まれるようにするための一つの試みとして、対話を生み出す「ことば」という形をとっています。

一人ひとりがもつ多様性を出し合い、ともにデジタルを活用する未来について考えていくためのツール(きっかけ)として、ぜひご活用ください。

資料

参考

「デジ道(仮)」文書制作のコンセプトを公表しました

シェアする: