デジタル庁

多様なステークホルダーで行政デジタル化をともに考える「Govtech Meetup」(第3回)を開催します

Govtech Meetupの第3回目は、「あるべき行政サービスの開発・提供とは?」をテーマに、2022年1月27日(木)19時からオンラインで開催します。登壇者は4名で、デジタル庁CPOの水島壮太氏、Tabbly株式会社代表取締役の及川卓也氏、Code for Japan代表理事の関治之氏、デジタル庁企画官の吉田泰己氏です。

デジタル庁は、デジタル庁を起点とした多様なステークホルダー間の行政デジタル化の知見の共有および関係者の交流を行う「Govtech Meetup」を開始いたします。デジタル庁は本取組をきっかけに、日本国内のGovtech(行政の利便性を高めるテクノロジー)に関わる関係者のエコシステム(生態系、つながり)の形成を進めることを目指します。
ミートアップは第1回目を2021年12月14日(火)から開催し、2022年3月末までに全7回を予定しています。

Govtech Meetupについて

目的

  • 行政デジタル化に関する情報交換や課題の共有
  • 多様な関係者間の対話を通じたエコシステムの構築

参加者

自治体、政府職員、IT企業、スタートアップ、シビックテック関係者等、行政のデジタル化をともに進めたいと考える方々

第3回目「あるべき行政サービスの開発・提供とは?」

  • 日時:2022年1月27日(木)19時から20時30分まで
  • 開催方法:オンライン(Zoom)
  • 登壇者:
    及川卓也 氏(Tably株式会社代表取締役)
    関治之 氏(Code for Japan代表理事)
    水島壮太 氏(デジタル庁CPO)
    吉田泰己 氏(デジタル庁企画官)∗モデレーター

トークテーマ(仮)

  • 行政におけるプロジェクトマネジメントのあり方
  • 行政におけるプロダクトマネジメントのあり方
  • 今後の行政サービスの開発・提供について

申込み

Peatix

今後の開催予定

2022年3月末までに全7回を予定しており、デジタル庁職員がモデレーターとなり多様なステークホルダーとのコラボレーションを予定しております。第2回の2022年1月13日以後、隔週で全7回実施する予定です。
なお、イベントの様子は後日デジタル庁公式note及びYoutubeなどで公開を予定しております。

開催一覧

本件に関するお問合せ

デジタル庁 Govtech Meetup運営事務局:GovtechMeetup_atmark_digital.go.jp

※迷惑メール防止のため、「@」を「_atmark_」と表示しています。
メールをお送りになる際には、「_atmark_」を「@」(半角)に直してください。

当日の様子

行政デジタル化の知見共有と、エコシステム形成に向けた一歩を。第3回「Govtech Meetup」を開催しました (note:外部サイト)

Govtech Meetup #3「あるべき行政サービスの開発・提供とは?」(YouTube:外部サイト)

シェアする: