デジタル庁

デジタル臨時行政調査会作業部会 法制事務のデジタル化検討チーム第1回会合を開催しました

デジタル庁は、本日2022年2月17日(木)、デジタル臨時行政調査会作業部会 法制事務のデジタル化検討チームの第1回会合を開催しました。本検討チームは、デジタル臨時行政調査会作業部会の下、新規法令を含めた法令のデジタル原則への適合性の確認プロセス・体制構築の検討等を行う役割を担っています。

本日の会合では、検討チームで扱う検討事項(案)として、以下2点を事務局から提示した後(資料4)、構成員の方による意見交換を行いました。
資料4 法制事務のデジタル化に関する検討事項(案)(PDF/44KB)

  1. 新規法令を含めた法令のデジタル原則(※1)への適合性の確認プロセス・体制について

  2. 法制事務のデジタル化・BPR(※2)と官民分担の在り方について
    ・法令データのベースレジストリ(デジタル正本)の整備・提供
    ・法令関連文書等の利活用に向けた官民の役割分担
    ・法制事務に係るリーガルテックの活用

今後は会合で議論を重ね、作業部会に報告、作業部会等での議論に活用される予定です。

本日の検討チームの議事次第及び関連資料は以下の通りです。

参考情報

※1 デジタル原則について:デジタル原則への適合性の点検・見直し作業の方針案(PDF/701KB)
※2 BPRとは:Business Process Reengineering(ビジネスプロセス・リエンジニアリング)

シェアする: