本文へ移動
デジタル庁ホーム

自治体職員×政府機関職員「デジタル改革共創プラットフォーム」が始まります

政府と自治体職員との対話の場である、自治体職員×政府機関職員「デジタル改革共創プラットフォーム」の運用を開始します。

デジタル庁創設に先立ち、昨年12月から本年8月まで、内閣官房情報通信技術(IT)総合戦略室において、地方のデジタル化に関する政府と自治体職員との対話の場として「デジタル改革共創プラットフォーム」の運用を行っておりましたが、皆様のご意見を踏まえ、リニューアルを行うこととしたところです。

リニューアルに当たっては、①8月までの運用期間に頂いたUI・UX面の改善やコミュニケーションの円滑化に関するご意見等を踏まえるとともに、②自治体職員と各省庁との対話プラットフォームを中長期的に一元化していく観点から、農林水産省が既に実証・運用を行っているeMAFFチャットツール(Slack)を活用し、自治体職員×政府機関職員「デジタル改革共創プラットフォーム」として運用することといたしました。

引き続き、よりよい対話プラットフォームとなるよう、農林水産省等と連携しながら、改善に取り組んでまいります。

※「デジタル改革共創プラットフォーム(β版)」(Facebook)は当面ご利用いただけます。

自治体職員×政府機関職員「デジタル改革共創プラットフォーム」について

備考

  • 利用者は、自治体・官公庁の職員に限定いたします。また、原則として利用登録が可能なドメインは「lg.jp」及び「go.jp」に限定していますが、他のドメインを使用されたい場合は、登録フォームの専用リンクをご覧ください。
  • 1つのメールアドレスにつき、1つのアカウントを付与しております。
    ※自治体ごとの割当て等はございません。

参考

本件に関するお問合せ

デジタル庁 デジタル改革共創プラットフォーム事務局
メール:co-creation-platform_atmark_digital.go.jp
※迷惑メール防止のため、「@」を「_atmark_」と表示しています。メールをお送りになる際には、「_atmark_」を「@」(半角)に直してください。

シェアする: